ビニールハウスで冬野菜を育てよう

2022年10月21日

ビニールハウスに次は何を植えよう…?

実はメロンを撤収してからいまだに何も植えておらずビニールハウスの左側のスペースを持て余していまして

何か植えないとなぁと思いつつ何を植えようかなとここ数日悩んでおりましたが

少し前から外の畑でほうれん草などを育てているので

せっかくならビニールハウスでもほうれん草を育ててみよう!と思い立ち急いで種を買いに行きました

 

はたして植える時期が畑に植えたほうれん草と1週間以上の差がありますが成長を追い越してくれるのでしょうか……?

(一応成長の比較なので使うほうれん草の種の品種や使用する肥料、堆肥は同じですが

ビニールハウスの方は去年まで残土と砂利が敷き詰められていたところなので土の状態は多少の誤差があります。)

さすがにビニールハウスの方も全部ほうれん草だと収穫時期にほうれん草地獄と化して

ほうれん草のことを嫌いになってしまうのが目に見えているのではつか大根も一緒に育てることにしました。

 

それではほうれん草と大根の種をまいていこう

まずは支柱と元々張っていたマルチシートを撤去して土に空気を含ませるように

スコップで頑張って耕したら新しいマルチシートを張っていきます。

畑のマルチシートは空き缶で頑張って穴を開けていましたが穴を開けるより横に切った方が沢山育てられそうなので

支柱を定規のように使いカッターで3列まっすぐ切り込みを入れていきます。

(マルチシートを張る腕はまだまだですね…頑張ります)

マルチシートに切り込みを入れたら指で土にくぼみを作ってあげて種をまいていきます

最後に種に土をかぶせて水をたっぷりかけてあげたら作業は終了!

(直接水を与えると種が流れてしまう可能性があったのでマルチシートに水がかかるようにしています)

大きくなるんだぞ

今回は畑にもほうれん草の種を沢山まいたので収穫時期が重なって大変なことになると思い

数回に分けて種をまくことにしました。

どこまでまいたかわからなくなってしまうのでそこらへんに落ちていた

茎を支柱にくくる紐をさして目印にしてみました。

ビニールハウス内なので軽くさしても風で飛んでいかないのでとっても便利です

 

畑のほうれん草は発芽までに1週間弱でしたがビニールハウスはどうなるのでしょうか?

最近は早朝の気温が一桁の冬らしい日もあるので夏場ほどは成長の差は見られない気はしますが

天気予報は23℃に対して

ビニールハウス内の昼間の気温はしっかり30℃。

太陽が出てくれるとビニールハウスの気温が高くなりやすいのでまだ期待はできそうです。

 

因みに畑とビニールハウスに新しく植えた子達は元気にしています

菜の花とアスパラ菜は芽が生えてきたので軽く間引きして防虫ネットを付けて

ほうれん草も軽く間引きして

ゴールデンビーツはまだ発芽していない子が多いので寒冷紗を付けただけで

ビニールハウスは

5月に植えた子どもピーマンとパッションフルーツにまたまた新しい実がついて

いちごさんはランナーが少し伸びて

ニンニクは今のところ進捗無しです。

 

 

---------

 

種を埋めてから早4日目。

 

なんとはつか大根の芽が出てくれました!4日で発芽にはさすがにびっくりです。

 

そしてほうれん草は……

無。

何もありませんでした……。

どうやらマルチシートの切れ目を入れた位置と種をまいた位置が悪かったようで

太陽の光が当たっておりませんでした。気づくのが遅かったです。3度目のやらかしです。

11月24日に再度畑とビニールハウスに種をまいたのでもう一度露地栽培組とビニールハウス組で勝負をさせたいと思います。

 

 

このページの先頭へ戻る
090-4604-4494