お庭がなくても施工可能なビニールハウス

2022年9月6日

お庭が狭い、駐車場しかない、でもビニールハウスが欲しいというお客様いらっしゃいませんか?

実はビニールハウスが置けるお庭がなくても…

このような2台ほど車を停められる駐車場の半分のスペースが

あればビニールハウスは設置できてしまいます!

 

本当にコンクリート上にビニールハウスは立つの?

ブログやほかの施工事例を読んでくださった方や

ビニールハウスの組み立て方をご存じの方なら

最初の文だけを読んだら毎回パイプを地面に刺して…って言っているのに

どうやって設置するの?と疑問に思われた方がいると思います。

 

それが野菜のおうちなら設置できてしまうんです。

 

私たちは鉄筋を得意とする総合建設会社なので

鉄筋を使って便利アイテムを作るのはお手の物だったりします。

 

そんな駐車場にビニールハウスを設置できるようにしてくれるアイテムはこちら

これは鉄骨に鉄筋を溶接したものになります。

この鉄骨と鉄筋でできたものを特殊な器具を使用して

ホールアンカーと呼ばれるコンクリートを打ったあとでも使用できる

ネジのようなもので駐車場に設置、

その後鉄筋にパイプを差し込んでいきます

強風で飛ばされてしまいそう…という感想が少なからず出るとは思いますが

地面から強風が吹かない限りは飛んでいかない仕様になっております。

ビニールハウス内の地面からいきなり強風が吹いたり生えたりは

しないはずなので強風対策はばっちりです。

 

ただ、わざわざ鉄骨に鉄筋を溶接したものを使用しなくてもコンクリートに

穴を開けてしまえば楽なのでは?と思う方がいらっしゃるかもしれません。

ですがビニールハウスを解体した後、駐車場に穴が開いていたら…?

もしかしたらその穴に躓いてけがをしてしまうかもしれませんし、

車が停められなくなる可能性もあります。

その為駐車場を壊さなうように施工をし、将来的にビニールハウスを

取り外ししても問題がないようにしております。

 

あとはいつも通りにパイプを連結して、スライドドアを取り付けて

ネットを張って、フィルムも張ればビニールハウスの施工が完了!

 

サボテンマニアにもぴったりなビニールハウスになりました。

 

今回のお客様はブログの方にも記載してありますがサボテンのバイヤーさんでして

こんなにもたくさんのサボテンとおうちで暮らしている方です。

(こんなにサボテンがあるのに全体の一部らしいです)

サボテンは太陽の光の方向に曲がっていってしまうようなので

まんべんなく太陽の光が当たるような環境が望ましいとのこと。

室内での栽培は少し難しいみたいようですがビニールハウスなら解決すると思います。

 

お庭が狭い、お庭がないけれど駐車場ならあってビニールハウスが欲しいという方

これを機に野菜のおうちのビニールハウスを検討していただければとても嬉しいです!

このページの先頭へ戻る
090-4604-4494